お知らせ

2015年1月21日2015(平成27)年度の『子ども文庫助成 募集期間』のお知らせ

2015(平成27)年度の子ども文庫助成の応募期間は、例年より早い募集開始となり、3月上旬から5月31日(日)で実施します。
募集要項は、3月上旬に公益社団法人 読書推進運動協議会を通じて、都道府県立図書館や教育委員会などへ送付致します。また、同時に当財団ホームページで募集要項(PDF)を掲載しますので、ダウンロードしお使いください。
掲載時にはあらためてこのページでお知らせ致します。
皆様からのご応募をお待ちしております。

2014年12月26日電子図書普及事業部12月の活動報告

12月
2日(火)横浜市小学校校長会幹事会にて事業説明
3日(水)障害者フォーラム2014出席
5日(金)から7日(日)ATACカンファレンス出展(京都)
11日(木)国際子ども図書館を考える全国連絡会出席
13日(土)電子図書製作会 ボランティア2名参加
15日(月)都立墨東特別支援学校と学校公開について打合せ
18日(木)日本児童文芸家協会にて事業説明
20日(土)電子図書製作会 ボランティア1名参加
25日(木)朝日新聞東京版に事業紹介掲載
     http://www.asahi.com/articles/ASGDC45KFGDCUTIL01J.html
     わいわい文庫活用術3 編集会議

1月の主な予定
22日(木)から23日(金) 第56回弱視教育研究全国大会出展(愛知)
29日(木)都立墨東特別支援学校 学校公開パネラー

2014年12月17日2014(H26)年度 子ども文庫助成事業 助成先と功労賞受賞者が決定が決定しました

平成26年12月16日に開催致しました当財団理事会において、慎重審議の結果、79件(子ども文庫功労賞2名を含む)の団体、個人の皆様に助成させて頂くことに決定致しました。

子どもの本購入費助成 47件
病院施設こども読書支援購入費助成 8件
子どもの本100冊助成 22件
子ども文庫功労賞 2名              以上

本年度ご応募くださった190件全ての皆様の素晴らしい活動に敬意を表しますと共に、これからの益々のご活躍をお祈り申し上げます。


助成受領団体名、功労賞受賞者名は、下記アドレスに掲載しております。
http://www.itc-zaidan.or.jp/pdf/support/H26_juryousya3.pdf

また、子ども文庫助成事業の頁(中頃右側)からもご覧いただけます。
http://itc-zaidan.or.jp/support.html#juryousha

2014年12月2日電子図書普及事業部11月の活動報告

11月
1日(土)図書館大会参加
2日(日)サイトワールド2014出展(東京)
4日(火)都立光明特別支援学校訪問
6日(木)図書館総合展にて鼎談参加
7日(金)関東甲信越地区視覚障害教育研究会参加(東京)
10日(月)横浜市立北方小学校訪問
11日(火)マケラシュ条約研修受講
13日(木)~25日(火)子どもの本の力展出展(東京)
14日(金)てんやく絵本ふれあい文庫30周年式典参加(大阪)
17日(月)専修大学にてゲスト講師
19日(水)オリジナル作品撮影会(桜雲会)
21日(金)わいわい文庫分類表作成会議
22日(土)学校図書館げんきフォーラムに出展(東京学芸大学) 
26日(水)沖縄県立図書館、那覇市立中央図書館訪問
27日(木)沖縄県教育委員会、沖縄県観光局、ひめゆり平和祈念資料館訪問
28日(金)沖縄県立泡瀬特別支援学校、宜野湾市民図書館訪問
29日(土)出版UD研究会受講

12月の主な予定
2日(火)横浜市小学校校長会幹事会にて事業説明
3日(水)障害者フォーラム2014出席
5日(金)~ 7日(日)ATAC展示会出展(京都)

2014年11月25日秋篠宮妃殿下がご来場

11月19日、秋篠宮妃殿下が「子どもの本の力展」にご来場になり、1時間にわたり熱心に会場を回られました。
当財団のブースにもお立ち寄りになり、マルチメディアDAISY図書に関心を寄せられ、「初めてこのことを知りましたが、この意義深い活動にこれからもお力を尽くされますように。」とのお言葉を頂戴しました。

2014年11月17日2014年9月~10月東北の子どもたちが東南アジアに贈る翻訳絵本作りをしました

伊藤忠記念財団は、公益社団法人シャンティ国際ボランティア会とともに子ども文庫助成事業で行っている「東南アジアへ絵本を贈ろうin東北」を9月から10月にかけて実施しました。
カンボジアをはじめアジア地域に、日本の絵本に現地語に翻訳されたシールを貼り届ける運動を東北で大震災の被害にあった地域の子どもたちとともに行うものです。
9月に「柿の木文庫(福島県白河市)」や10月に「盛小学校(岩手県大船渡市)」など9ヶ所で、現地で子ども読書活動をおこなっている皆様にご協力頂き、実施することができました。延べ約200名が参加しました。
活動先のひとつ盛小学校では、子どもたちはカンボジア向けの絵本に挑戦し、クメール語で書かれた文字シールを台紙から切り取り、丁寧に日本語の上に貼っていきました。また、活動をはじめる前に、カンボジアについて1年ほど現地にいらした公益社団法人シャンティ国際ボランティア会の岩手事務所の方から、なぜこのボランティア活動が必要なのかなど話しを聞く時間を設けることで、子どもたちにとって国際理解を深める機会にもなったようです。
この活動を通じて、東日本大震災で被害を受け、様々な支援を受け続けている子どもたちが「自分も誰かの役に立っている」という復興へ向けての自信と意欲を高めるきっかけとなることを願っています。
(写真 岩手県)

2014年11月14日皇后陛下御行啓

11月13日より25日まで伊藤忠青山アートスクエアにて開催中の「子どもの本の力展」のオープニングレセプションに皇后陛下がご臨席されました。
小林当財団理事長の御先導でご来場され、オープニングのあと主催者であるJBBYの坂東会長のご案内で会場内をご覧になられました。
当財団のブースにもお立ち寄りになられマルチメディアDAISY図書の説明に熱心に耳を傾けられたあと「とても良い事業をされていますね。長くお続けください」とのお言葉を賜りました。
また、当日はアンデルセン賞を受賞された上橋菜穂子さんも来場されました。
(写真 財団職員と上橋菜穂子さん)

2014年11月12日子どもの本の力展のご案内

11月13日から25日までの間、伊藤忠東京本社ビル横の伊藤忠青山アートスクエアにて、表記展示会が開催されます。

電子図書普及事業部は、その一角にブースを設置し、マルチメディアDAISY図書の実演を行います。

開催時間は、13日は11時~15時、25日は11時~14時。他は11時~19時です。
詳しくは、下記をご参照ください。
皆様のご来場をお待ちしています。

http://www.itochu-artsquare.jp/index.html

2014年11月7日読書バリアフリー研究会 参加者アンケートを掲載しました

10月に行いました読書バリアフリー研究会の参加者アンケートの結果(PDFファイル)を掲載しました。

電子図書普及事業のページの中程よりご覧いただけます。
http://www.itc-zaidan.or.jp/ebook.html

なお、下記からは、直接各PDFファイルをご覧いただけます。

10月25日(土)徳島会場
http://www.itc-zaidan.or.jp/pdf/ebook/2014_enq1025_tokushima.pdf

10月26日(日)高知会場
http://www.itc-zaidan.or.jp/pdf/ebook/2014_enq1026_kouchi.pdf

2014年11月1日電子図書普及事業部10月の活動報告

10月
5日(日) 福島県PTA研究大会 共催事業(須賀川市立第三中学校)
7日(火) 文化庁著作権課にて事業説明
9日(木) 日本文藝家協会にて事業説明  
16日(木) 録音(上方落語絵本)於:港区立みなと図書館
18日(土) 録音(劇団・ジャングルベル・シアター) 於:伊藤忠商事スタジオ
21日(火) 都立青山特別支援学校、さいたま市立中央図書館訪問 
22日(水) 新宿区立戸山図書館、都立鹿本学園訪問 
24日(金) 視覚障害者情報提供施設大会(徳島大会)参加  
25日(土) 読書バリアフリー研究会(徳島県立図書館) 参加35名
26日(日) 読書バリアフリー研究会(高知県教育センター 分館) 参加43名
27日(月) 高知県図書館大会にて事業紹介

11月の主な予定
1日(土)図書館大会参加
2日(日)サイトワールド出展
4日(火)都立光明特別支援学校訪問
6日(木)図書館総合展にてゲストスピーカー
7日(金)関東甲信越地区視覚障害教育研究会参加(東京)
10日(月)横浜市立北方小学校訪問
11日(火)マケラシュ条約研修受講
14日(金)てんやく絵本ふれあい文庫30周年式典参加(大阪)
17日(月)専修大学にてゲスト講師
19日(水)オリジナル作品撮影会
21日(金)わいわい文庫チャート表作成会議
22日(土)学校図書館げんきフォーラムに出展(東京学芸大学) 
26日(水)沖縄県立図書館、那覇市立中央図書館訪問
27日(木)沖縄県教育委員会、沖縄県観光局訪問
28日(金)沖縄県立泡瀬特別支援学校訪問
29日(土)出版UD研究会受講

12月6日(土)7日(日) ATACカンファレンス2014京都出展

東日本大震災読書支援寄付のお願い